英会話レッスンでの上達法

英会話レッスンを受けるならこんなレッスンがいい!

英会話スクールに通う際のレッスンでは、どんなことを取り入れているレッスンがお勧めなのかについて、触れてみました。

 

子どもの英会話レッスンでお勧めのレッスン

  • 絵やさまざまな素材を使う工作のレッスン
  • 音楽を聞いて体を動かすレッスン
  • たまには学校の外(スーパーなど)で行うレッスン
  • 日本語の動揺や海外の絵本を使ったレッスン

子どもの英会話のレッスンで大切だと思うこと、それは飽きさせない工夫だと思います。子供たちは体を動かすこと、考えることが大好き!工夫をして創造力を育てつつ、英会話の可能性を広げることができる工作などはとても英会話レッスン向きだと思います。たとえば、「Bugs(虫たち)」というテーマで工作を作ろうとなった時に、ある子は、「テントウムシを作りたい!」といったとします。テントウムシは英語で「Ladybug」、それに関連する英語として「まるい形 Circle」「赤い色 Red」「黒い水玉 Black Spots」、それから葉っぱという言葉も出てくるかもしれませんし、いろいろ関連する英単語が自然と身につくというわけなんです。

 

大人の英会話レッスンでお勧めのレッスン

  • プレゼンテーションを出されるレッスン
  • 宿題を出されるレッスン

大人の英会話のレッスンの場合は、「プレゼンテーション」をさせるレッスンがよいかと思います。勿論英会話のレッスン自体は、自分をプレゼンしないとならないわけですが、そこにプラスアルファでお題をだし、それについて調べたことなどをプレゼンさせることですね。英語でこういうにはどうしたらいいか、といったことを調べて、そのプレゼンのことを考えて1週間過ごせるわけで(週1回のレッスンの場合は)、そのために必要な英単語、フレーズなどを言われなくても勉強するきっかけになりますよね。プレゼンを月1程度出してもらえると、「結構ハード」と思っても意外に英語力がつくかと思います。そんなのは面倒、という方は、英語は上達しませんからね〜!そのほかに、宿題として「気になったニュースについて」や「食べたもの」「出かけた場所」「おすすめレストラン」などを出してもらえると、いろいろ調べるきっかけになりますね。

 

英会話の習得には教室でのレッスンが近道

英会話を習得する近道は英語を多く口にすることです。
そのためには教室でレッスンすることがいちばんです。その第一の理由は、英会話をする環境に自分の身をおくことができるからです。周りの人も英語で会話をすると自分も英語で話すことになりますので、教室のように英語が話せる環境作りが大切です。日本語が禁止というところもありますので、その場合、英語で何とかコミュニケーションをとろうとします。すると初めはたどたどしい英語だったとしても、いつの間にか上達していきます。

 

また、レッスンの形態も先生と生徒がマンツーマンのプライベートや、先生が一人に対して生徒が複数いるグループなどの種類があります。
どちらに入って勉強しても楽しく学ぶことができます。しかしもし自分はまるっきり初心者だと思うならば、初めはマンツーマンがよいでしょう。初心者ということで先生が丁寧に教えてくださいます。分からないことも人に気兼ねなく、いつでも何度でも質問できます。

 

一方、少し英会話に慣れているという人から、中級や上級の人はグループがよいと思われます。ある程度話すことが出来るならば、あとはいかに長く、おもしろく会話を続けられるかがポイントになります。そしてそれには話題が必要です。もしこのとき生徒が自分だけだと、先生との会話の中で話題が途切れがちになることもあります。その点生徒が複数いるとだれか話題を提供してくれるものです。そして皆で会話がはずんで楽しんでいるうちに、いつの間にか上手に英会話をするコツも身についていきます。

 

オンライン英会話レッスンでの上達